Noh Jesuオフィシャルブログ(ノ・ジェス, 盧在洙)

このブログは、これまでの常識や秩序・幸せ成功の生き方モデルが崩壊した今、〝人間の認識の変化″から全く新しい未来VISIONへの道筋を提案していくブログです。

死に対する絶望や恐怖・虚無感を克服するために必要なこと

死に対する絶望や恐怖・虚無感を克服するために必要なこと

こんにちは。セミナー講師の塩見典子です。
今日は、普段あまり話題にしない「死」について、Nohさんにお話しをうかがいたいと思います。

みなさんは「死」をどのように捉えていますか?
私は「死」はみんなが怖いものだと思っていたのですが、「怖くない」と言う方もいらっしゃることを知り、驚きました。

死に対する絶望や恐怖・虚無感を克服し、また、生きることを100%楽しむためにはどうすればいいのでしょうか?
では早速、いただいたご相談を紹介します。


【相談者】
34歳 女性 会社員 2児の母

【相談内容】
私は10年前、突然の事故で母を亡くしました。
当時は出口のない暗闇の中にいるような気持ちで、とても辛く落ち込んでいましたが、その後、結婚して子どもにも恵まれました。
毎日を忙しく過ごしていますが、今でも母を思い出すと涙が出ます。

母との急な死別を通して「死」について考えるようになり、私自身も小さい頃、死ぬことが怖いと感じていたのを思い出しました。

亡くなった母は今もどこかにいるのでしょうか?それとも、もういないのでしょうか。
私も夫も子どもたちも、将来いつかはみんな死を迎える時がきます。
それにも関わらず、そもそも人は何のために生きるのでしょうか?

そして、必ず誰もが経験する「死」とは何でしょうか?
認識技術を学ぶことで「死に対する絶望や恐怖」は克服できるのでしょうか?


 

塩見
Nohさん、こんにちは。よろしくお願いいたします。
今日は「死に対する絶望や恐怖・虚無感の克服」をテーマにお話をうかがいたいと思います。

 

noh
よろしくお願いします。

 

塩見
普段、話題にする機会の少ないテーマですが、生きている私たちの誰もが経験する「死」について、みなさんも一度は考えたことがあると思います。

相談者の方と同じように、私自身も幼少期から「死」を恐れていました。
自分だと思っているこの肉体が消えて無くなることが怖くてたまりませんでした。

現在私の周りでも、死んだらどうなるのか分からない不安、愛する人達と別れなければならない絶望や孤独の恐怖、肉体的な苦痛に対する恐怖、
そして、どうせ死んでしまうのに、そもそも何のために生きているのか分からない虚無感に襲われるという話を聞きます。

 

noh
そうですね。
それらの絶望や恐怖・虚無感に対して、これまで人類は主に宗教を信仰することで克服しようとしてきました。

 

塩見
はい、私も宗教について調べたことがあるのですが、
信仰を通して永遠の命を得ようとするキリスト教や、現世を来世への門と捉え死後は楽園に行くために生きるイスラム教、肉体は滅びても魂は輪廻転生を繰り返し、生死を超えて仏になろうとする仏教、聖人のような生き方をすることで死後、生の世界に回帰することができるとする儒教、神(自然)から生まれ神(自然)に戻る神道など、様々な教えがあるようですね。

だけど、人間はいまだに「死の恐怖」を根本的には克服していないように感じますが、
Nohさんは「死の恐怖」の原因は何だと考えていますか?

 

「死の恐怖」の根本原因を解決する方法とは?

 

noh
一番根底にあるのは「無知による恐怖」だと思います。

人間とは何なのか?生きるとは何なのか?死とは何なのか?
が分からなければ、死の恐怖を克服することはできません。

 

塩見
人間が生きること、死ぬこととは何でしょうか?

 

noh
それを理解するためには、「人間と人間の宇宙が実在する」ように思い込んでいる背景にある、絶対世界と相対世界の関係性を理解する必要があります。

 

塩見
絶対世界と相対世界ですか。

 

noh
はい。
塩見さんは「1があることは分かる」ことと「1だけがある」ことの違いは分かりますか?

 

塩見
…似ているけど、違いますね。

「1があることは分かる」世界は、2も3も4もある可能性があります。

「1だけがある」世界は、2・3・4はありません。
1しかありませんね。

 

noh
その通り!

これが今までの人類の限界です。

 

塩見
それはどういうことでしょうか?

 

noh
「1」は1つだけがある絶対世界です。

これまで人類は絶対世界を取り入れながらも、現実を完全に否定することができませんでした。
なぜなら、もし完全に否定してしまったら、目の前に実在しているように見える現実が何なのかを説明しなければならなくなるからです。

つまり、絶対世界と相対世界の関係性を説明することができなかったから、「1があることは分かる」という概念にとどまっていたのです。

 

塩見
認識技術は「1だけがある」ことを言い切れるということでしょうか?

 

noh
そうです。私は、今ここで自分と自分の宇宙は実在しない「1だけがある」ことを言い切っています。

「1だけがある」絶対世界と、今、目の前に広がる現実・相対世界との関係性を、論理とイメージで立証しているのが認識技術です。
この技術の開発によって、絶対世界と相対世界の関係性を、誰もが論理とイメージで理解することが可能になり、人間は無知を克服することができるようになったのです。

認識技術は科学技術の基礎である数学・物理学とも整合性が取れていますので、これからのAI時代をけん引していく未来技術にもなりますよ。

 

塩見
認識技術では、絶対世界と相対世界の関係をどのように説明していますか?

 

noh
このことを文章だけでお伝えするには限界がありますので、セミナーを通して共有しています。
これは人類500万年間の限界を超える世界でもありますので、みなさんにもしっかりと出会って欲しいと思っています。

その代わり、ここでは絶対世界と相対世界の関係性が理解できた時に、人間の生死の概念がどのように変わるのかについて考えてみましょうか。

 

「死」とは何か?

 

noh
それでは塩見さん、質問です。

今ここで自ら選択できる変化は1つしかありません。
それは何だと思いますか?

 

塩見
自分で選択できる変化は1つしかないんですか?
いろいろな変化を選択できると思っていました。

 

noh
そうですね。
たくさんの変化・選択をしているように感じますが、実は自分で選択できるたった1つの変化以外は、すべて機械的な条件反射にすぎません。

例えば、知らないから知りたい、お腹が空いたからご飯を食べる、夜になったから家に帰るというように、人間は条件反射の中で生きています。

 

塩見
確かにそうかもしれません。
仮に、いつも反応する条件と反対のことをしても、それも条件反射ですよね。

それなら、自ら選択できる変化なんてあるのでしょうか?

 

noh
たくさんの変化の中で、自ら選択できる唯一無二の変化は「今ここ完全に死ぬこと」だけなのです。

「今ここ完全に死ぬ」とは、生きたまま死ぬ知恵のことです。
完全に死ぬことができるから、完全に生きることができるのです。

 

塩見
「完全に死ぬ」とはどのような状態ですか?

 

noh
まず、宇宙を映画のスクリーンとして捉えてみてください。

今「どうすれば完全に死ぬことができるの?」と考えている考えがありますよね。
これは精神エンジンによる運動です。

精神エンジンが働くためには、心臓が動いたり、肺が動いたり、生命エンジンによる活動が必要です。
生命エンジンが働くためには、細胞を構成する原子の動きや地球の自転・公転など、物質エンジンによる移動が必要です。
物質の動きが働くためには、時空間をつくる光エンジンによる波動が必要です。

その精神の運動、生命の活動、物質の移動、光の波動の4つの動きを、巨大なスクリーンに映し出されている映像だと思ってみてください。宇宙空間の中の動きがすべて映し出されている映像スクリーンです。

その映像が映し出されている背景にバックスクリーンがあります。
それが宇宙の外の真空エネルギー、エネルギーエンジンの振動です。

このバックスクリーンと映像スクリーンの動きを同時に成り立たせている永遠不変の1パターンの動きがあります。真実に実在しているのは、この永遠不変の1パターンの動きだけなのです。
これをオリジナルマインドと呼んでいます。

オリジナルマインドだけがあるところから、錯覚のバックスクリーン、映像スクリーンをつくり、映像スクリーンの中の一部分のアバターにはまり込んで、この体だけが自分だと思い込んで生きるようになる仕組みがあるのです。

 

塩見
この内容は超未来塾という食事会でもお話しされているので、ぜひNohさんに直接聞いてみてくださいね。

その仕組みが分かれば、自分でも設計ができるようになる。
Nohさんがよくおっしゃっている心の半導体ですね?

 

noh
そうです。
電気半導体の回路がON/OFFで作動するように、宇宙(映像スクリーン・バックスクリーン)も有ったり無かったりする仕組みがあります。

アバターである体が自分だと思う偽物の認識主体ではなく、オリジナルマインドが認識主体になる時、有限化された宇宙がシンプルなアルゴリズムで観えるようになってくるのです。
そうすれば、思った通りの現実を創ることができるようになりますよ。

 

塩見
そこから観た時に、人間の生と死はどのように捉えられますか?

 

noh
真実に実在しているのはオリジナルマインドだけです。
オリジナルマインドは生まれたり死んだりすることはありません。

 

塩見
でも、この肉体は死を迎えますよね?

 

noh
スクリーンの話を思い出してください。

肉体の死によって消えるのは、精神エンジンと生命エンジンです。
肉体が死んでも、物質エンジン・光エンジン・エネルギーエンジンは変わらず動き続けます。

科学の観点で言えば、通常、自然界の中で原子が壊れることはありません。
例えば、日本の中には、昔の侍たちが呼吸した原子が壊れることなく循環しています。
今、あなたの一呼吸の中にも上杉謙信武田信玄織田信長たちの身体の中を巡った原子が入っているんですよ。

 

塩見
そう考えると、不思議な気持ちになりますね。

 

noh
肉体はなくなっても、物質エンジン・光エンジン・エネルギーエンジンは重力波と共にずっと働き続けています。
そしてタイミングが来れば、また人間の肉体の服を着て生まれ変わり、生命エンジン・精神エンジンの動きを繰り返します。
これを仏教ではカルマと言っています。

 

塩見
肉体が死んでも、終わりではないのですね。

先ほど「完全に死ぬことができるから、完全に生きられる」とおっしゃっていましたが、完全に死ぬ=生きたまま死ぬにはどうすればいいですか?

 

noh
そうですね。
たとえ肉体が死んだとしても、それは完全な死ではありません。

完全に死ぬためには、肉体の服だけでなく、物質エンジン・光エンジン・エネルギーエンジンの動きを脱いで、5次元ひとつの動きだけがある、オリジナルマインドそのものになる必要があります。

オリジナルマインド「1だけがある」状態になった時に、認識主体と認識対象の境界線が消え、生まれることも死ぬこともない心の状態になることができます。
これが、人間と人間の宇宙が完全に死んだ状態です。

その「1だけがある」状態になりきってみれば、無限大多様な境界線があるようにみえる錯覚現実がどれくらい奇跡にあふれている世界なのかが、よく分かるようになります。

 

塩見
自分が5次元ひとつの動きしかないオリジナルマインドだと思ってみれば、確かに現実があるように見えるこの世界は天国ですね。


死に対する絶望や恐怖・虚無感を克服するために必要なこと

noh
オリジナルマインドであることを思い込むのではなく、
絶対世界と相対世界の関係を論理とイメージで理解・納得できた時に、風が吹くように自然に、オリジナルマインドから今ここを観るように変わります。

オリジナルマインドが認識主体になれば、目を開けて見える境界線一つが歓喜に変わり、生きていること自体が楽しくて、目の前の現実が愛おしくてたまらなくなります。

 

塩見
偽物の認識主体が完全に死んで、本物の認識主体であるオリジナルマインドで生きられるようになれば、今ここが奇跡そのものなのですね。

 

生死を超えたPost Humanとは?

 

noh
人間性能で表現すれば、人間と人間の宇宙は実在していると思い込んでいる人間性能1.0の生命知能の状態では、生老病死の苦しみから解放されることがありません。

自分と自分の宇宙が実在しない、オリジナルマインドで生きる人間性能2.0の精神知能になった時、生老病死の苦しみや根深い虚無感から自由解放されます。
今ここを自らが設計し創造するGame感覚を持ち、生きること自体が歓喜にあふれるようになります。

さらに、人間性能3.0の尊厳知能になれば、現実で生きる中心道具(アイデンティティ)が個人から、オリジナルマインドで生きる5人の共同体・完全集団へと上昇します。

 

塩見
人間性能2.0はなんとなくイメージができますが、人間性能3.0の完全集団のイメージをもう少し教えてもらえますか?

 

noh
例えば、目だけの機能を持った生物、耳だけの機能を持った生物をイメージしてみてください。
5感覚がそれぞれ別々の生物だとします。

音だけを認識できる耳だけの生物と、5感覚を持っている生物では、みている世界が違うと思いませんか?

 

塩見
それは、まるっきり違いますね。

5感覚を持っている生物の方がはるかに状況把握能力や意思決定能力、生産性や創造性も高いと思います。

 

noh
完全集団も同じです。
人間性能1.0では別々に生きていた5人が人間性能2.0になり、3.0になることで、一つの生命体のように相互作用をしながら、個人では考えられない能力を発揮して現実を創造するTeam Playの達人、Post Humanになります。

個人の肉体が死んでも完全集団は死にません。
進化し続けることができるのです。

本質的にも現実的にも死が無いことが実感できれば、死ぬことも楽しめるようになります。

 

塩見
生だけではなく、死も楽しめるようになるとは、すごいですね。
人間性能が進化することで、生死に対する概念も根底から変わる認識技術のパワーを感じます。

まだまだうかがいたいことはありますが、今日はこの辺りで終わりたいと思います。
Nohさん、ありがとうございました!


*****************************************


いかがでしたか?

死に対する絶望や恐怖・虚無感を克服するためには、人間の無知や虚無主義を解決する必要があるのですね。
私たちの日常と一見関係がないように思える、絶対世界と相対世界の関係を明々白々に理解することで、このことが紐解けるとは意外でした。

絶対世界と相対世界の関係が分かって、人間とは何なのか?生きるとは何なのか?が明確になれば、死に対する絶望や恐怖・虚無感だけでなく、生きることすべてが、明確になりそうです。

人間性能2.0に関心をお持ちいただいた方は、Nohさんと直接会って話ができる食事会「超未来塾」、そして人間性能3.0に関心をお持ちいただいた方は、1Dayセミナーを受講いただけると、よりこの内容が深まります。ぜひご参加くださいね。


<関連URL>
「超未来塾 ~AI(人工知能)を超える人間力とは~」開催のお知らせ
Noh Jesu 1Dayセミナー
未来はここにあった!人間性能の事を知って、未来秩序の全体像を掴もう。