Noh Jesu 公式ブログ|ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントを開催中

このブログは、nTech(認識技術・観術)創始者 Noh Jesu(ノ・ジェス)公式ブログです。ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントも開催中。

【令和哲学17】令和の剣ですべての虚構をぶった切る毘沙門天(びしゃもんてん)


韓国生まれの私ですが、子どもの頃からなぜか侍(さむらい)が大好きでした。毎日のようにチャンバラ遊びをしていて、3歳上の兄たちにも勝って得意気でいました。

6歳の頃にはピストルを発明した人を恨む夢を1年間ずっと見続け、「剣の時代に生まれていたら天下の剣の達人になれたのに…。どうしてピストルをつくってしまったの?」と思うような変な子どもでした。


大学時代には侍映画を観たいと思っても韓国には入ってこないことが悔しくて堪らなくて、初来日した1989年、日本に到着して真っ先に向かったのはレンタルビデオ店でした。
そこで待望の侍映画『天と地と』を借りて鑑賞しました。

日本語もまったく分からなかったにも関わらず、映画の中に入り込み興奮が止まらなかったことを、私は今でもよく覚えており、人生で一番楽しい映画鑑賞になりました。


というのも『天と地と』の映画を観ながら、上杉謙信の中に自分がスッと入っていったからなのです。
謙信が座っている時はその心臓の動きになり、馬に乗って走る時はその心臓の動きになり、武田信玄と闘う時はその心臓の動きになり…、というように、謙信と一心同体になったのです。

その時、私には謎が解けました。なぜあれほどまでに、子どもの頃から侍が好きだったのかの理由がわかったのです。
上杉謙信との強烈なつながりを感じました。

塩辛いものが好きなことも、せっかちなことも、中心の中心へと一点に向かって高速で突っ込むことが大好きなこともよく似ていますし、謙信のニックネームが虎ということにも驚き、とても嬉しかったのを覚えています。


というのも上杉謙信は「越後の虎」と呼ばれていて、長尾虎千代、長尾景虎上杉政虎上杉輝虎と、改名のたびに「虎」の一字が名前に必ず入るのです。
私も自分を虎だと感じており、四柱推命でみても火虎のエネルギーが強く、このことからも上杉謙信と自分がオーバーラップしてくるのです。

このように調べれば調べるほどにオーバーラップが多く、映画『天と地と』を通して、さらに上杉謙信が大好きになりました。
日本の地名で最初に覚えたのも東京ではなく新潟で、これは自分でも不思議でしたが、謙信のゆかりの地だとわかってとても納得しました。


謙信は自らを毘沙門天びしゃもんてんの生まれ変わりだと言っていました。
毘沙門天は戦争の神様であり、ただの戦争ではなく真理の剣で無駄をオールゼロ化する能力をもった神様だと、私は認識しています。

日本の根深い心の特徴にも繋がるシンボルが毘沙門天だと私は認識しています。



そこで令和シリーズ17では、すべての虚構をオールゼロ化させ、真実一つで勝負する心について語ってみたいと思います。


f:id:nohjesu:20190713225815j:plain

人間はお母さんのお腹から産まれる時に、“虚構の世界”から新しい出発をします。
植物や動物にはできない、第2の誕生ができるのが人間です。お母さんと胎児をつなぐヘソの緒が切られる時に、身体のお母さんに代わり宇宙自然とエネルギーでヘソの緒で結ばれるのです。

これが脳波と重力波のエネルギーのアルゴリズムであり、人間一人ひとりのカルマであり、nTechエヌテック(認識技術)ではこれを“観点”とも言っています。


このことをIT技術からみれば、情報処理システムCPUのOS作動装置のことであり、車で表現すればエンジンに当てはまるのです。
そして情報量がどんどん蓄積された時に、この情報知識をオールゼロ化すること事ができる第2の誕生が起きるようになっているのが人間の尊厳機能です。

このことから、今スマートフォンで膨大な情報知識が蓄積している現代人は、誰もが悟りを応用・活用するようになっていくことは間違いありません。


お母さんのお腹の中から産まれて外に出たように、エネルギーの情報知識からエネルギー網を破って、源泉的な動きそのものになれる第2の誕生を必ず得ることができるのです。

人間の脳ではイメージ不可能・認識不可能・感じることが不可能な源泉的動き1つを“真理の刀”(令和の剣)としてみる時、すべてのイメージ可能・認識可能、多用で複雑な世界をひとつに解いてしまう世界のことを”毘沙門天”、戦争の神と表現することができます。

虚構をひとつも残らずオールゼロ化して、無知の完全性、知っている世界から自由になること、それは毘沙門天の勝負なのです。



ところで、この時代の科学の最大の難題の一つが、複雑をどのようにシンプル化させることができるのかということです。

源泉的な動きひとつですべての複雑な存在の変化・運動・移動を理解、説明、統制できることで、マスター方程式・統一運動方程式ひとつで宇宙自然の表現や記述が可能となり、そして難題解決の答えに到達できるのです。

すべての複雑の虚構が完全に消え去って(び)、ひとつの真実なシンプルの動き(び)に変わるとき、侘び寂びわびさびの美的センス、つまりBeautiful Harmony、令和感覚・令和状態になります。



これは、毘沙門天が虚構を一掃させ、真理だけを残す愛の戦争でもあります。

令和感覚・令和状態は、毘沙門天が虚構を一掃するような哲学的勇気からくるすっきりシンプルな心の世界なのです。

真理の剣を振る21世紀英雄侍集団が活躍するこの時代、日本の哲学的勇気で、すべてを手放し虚構を一掃させる毘沙門天が大活躍するときに、その英雄集団日本の活躍にnTechエヌテックが貢献できれば幸いです。


【令和哲学16】「1」の秘密を知る心で、ワクワク尊厳祭りとともに、世界を大統合する大きい夢を具現化しよう


誰もが幸せになりたい・幸せにしたいと懸命に生きています。
それにもかかわらず、願った通りの人生は疎か、人間を超える存在・AIまで誕生して人間の存在意義を脅かし、先行き不安な心が内外に蔓延しています。

いったいなぜ、人間は不幸になってしまうのでしょうか?



あなたは不幸の原因を探して、その原因解決の技術をマスターする人生を過ごしたいですか?
それとも地球上すべての人が、スッキリワクワクの心で生きられる夢・ビジョン・ストーリーに燃えて生きたいですか?

あなたはどちらの生き方を望みますか?



今までの人類は「問題を解決し続ける生き方」をずっと模索してきました。

しかし、令和時代を迎えた今は基準点が変わります。
これまでのように問題発見をし、問題解決するだけに留まるのではなく、すべての問題が一掃されたすっきり晴れやかな心から世界の75億人が燃え上がる夢やストーリーを発見することが、非常に大事な時代が訪れたのです。

人類歴史における最も悩ましい難題は、世界の75億人がワクワクする壮大な夢や理想が描けなかったことです。

ですからこれからは、いかに緻密な虚構(フィクション、ストーリー)を構築できるのかが勝負です。
ストーリーテラー(Storyteller)や大反転、大感動、大ショック、大スペクタクルがある大きな絵を描けるデザイナーが、愛され尊敬される時代なのです。


今回の令和シリーズ16では、誰もNOが言えない、75億の人類がスッキリワクワクの祭りをする一番大きい夢や理想を中心に、令和の価値を語ってみたいと思います。


f:id:nohjesu:20190706221045j:plain

大きな夢や理想は、多くの小さな事件がつながり融合された大事件と、それを起こせる英雄集団によってつくられます。
この偉大な事件を起こすためにはエネルギーが必要です。そして、エネルギーの結び方(結合方式)とほどけ方(分解方式)による、S(主語)とV(述語)の膨大な連携を必要とします。

エネルギーの結び方とほどけ方によって“事件を起こす主体”が成立し、そのエネルギーの物質化プロセスを通して“思い込みの主体”であるアバター(化身・分身)を中心とした物語が歴史になります。
“事件を起こす主体”のエネルギーと“思い込みの主体”である物質体(人体)、この2つの主体のコンビネーションがアンサンブルを奏で、Beautiful Harmonyのドラマを演出し、完成させる“心”があります。


この心が全体を動かしている“真実の動き”です。
これがエネルギーの素材であり、一番深い心なのです。

この真実の動きは、すべてのエネルギーの動きと、大きさがあるアバターの動きすべてを解析する主体であり、フィクション・ストーリー・夢・事件を誕生させる真実のストーリーであり、源泉的な動きひとつだけがある世界です。

虚構や錯覚が一切ない真実世界だからこそ、逆に、多様で複雑な虚構や無駄を次から次へと生み出せます。そして、その虚構と虚構の出会い、無駄と無駄の出会いによって、多様な解析や意味価値を誕生させ、ストーリーを生みだし、そして脈絡を生みだし、究極には壮大なスペクタクル事件を構築できるのです。


では、今までなぜ、虚構や錯覚が一切ない真実の世界から、75億人がワクワクする大スペクタルがある壮大なストーリーを描くことができなかったのでしょうか?

それは、真実の世界である1の秘密を明確に知らなかったからなのです。


人類歴史を振り返ってみたときに人類を発展させてきた学問体系は、すべて主語(S)と述語(V)を別々にして理解しようとしてきました。

別の言い方をすると、いかにSとVを分離させるのかに取り組んできた歴史であるとも言えます。

しかし、考えてみればわかるのですが、SとVがある時点で、1ではなく、2の世界になってしまうのです。

このことは、真実の世界を知ろうと学べば学ぶほど、逆に真実の世界から遠ざかってしまうというジレンマを起こしていたということです。


シンプルに言えば、1の秘密とはV=Sになること、すなわち、模様、大きさがない世界です。ですからイメージ不可能、認識不可能な世界です。



私たち人間が当たり前に実在していると思い込んできた存在(有)、または、大きさがある、模様・形がある世界は、真実世界が生み出した錯覚であり虚構です。
つまり、これまで価値を置いてきた存在(有)は“無以下”といえます。

ここで、人間の脳がSとVを分離させ、とらわれる状態から、真実の秘密を知るに至るまでの段階を整理してみましょう。



  1. 有の動き(V)、大きさがある動き(V)にとらわれる、つまり誰かの言ったことや行ったこと、述語(V)にとらわれる
  2. 有にとらわれる つまり主語(S)にとらわれる
  3. 無にとらわれる、つまり構造にとらわれる。構造とは観点であり、カメラのレンズ、エネルギーのアルゴリズム
  4. 無から有、有から無の動きにとらわれる つまり、有が当たり前の基準になっている状態で、有が消えた=価値あるものが消えた、生まれたにとらわれる
  5. 有もない、無もない、イメージ不可能な動き、V=Sの世界、一番大きい世界



5. の世界が源泉的な動きひとつだけの世界であり、イメージ不可能な動き、すべてをオールゼロ化させる動き、無境界線、無ポジション、無方向性の動きであり、それが「1」の秘密です。
この源泉的な動きが虚構の服を着て、多様なSVを生み出し、今の体の人間の人間ゲームをするようになっているのです。

そして1の秘密を知ることができたら、この現実の人間ゲームで人間が必要とするのは、ひとつの動きと繋がった偉大なストーリーの発見です。

一番大きい世界を活用することで、時代・状況・環境に合う脈絡を活用した夢・ビジョンを設計でき、さらにひとつの動きから、過去の偉大な事件と事件を繋いで解析した壮大なストーリーを発見することで、自分自らがエネルギーを創り出し、主体性、自発性、能動性、尊厳性を持って意味価値がある存在として生きることができるからです。


AIによって無用者階級が大量生産される格差の危機、尊厳の危機を解決する主体は、個人では無理です。
また今までの国家集団、宗教集団、企業集団でも無理なのです。英雄集団に生まれ変わることができる「特別に準備された集団」だけが可能なのです。

その準備された集団とは、どんな集団でしょうか?
人類を救済できる集団はGAFAガーファGoogleAppleFacebookAmazon)なのか、アメリカなのか、中国なのか、ロシアなのか、日本なのか。どんな集団が一番可能性が高いのか?

さまざまな理由がある中で、私は日本がAIの津波を解決できる英雄集団になる可能性が一番高いと思っています。


日本は偉大なストーリーを発見しやすい歴史・文化・伝統を持っています。

なぜなら、宇宙自然、歴史文明すべてを虚構化できるのが宇宙の根源、源泉的な動きひとつだけの世界であり、一番深い心ですが、令和15でも触れたように、日本語にはこの真理の世界が溢れているのです。
例えば、主語を話さず述語だけを話す表現が多いように、V=Sを強調する文化が根付いています。


日常で無意識にこの真理の世界を活用し、発信する文化を培ってきたのが、西暦だけではなく和暦の元号文化をもつ唯一無二の国、日本なのです。
日本は朝鮮半島と太平洋に守られながら、3000年間、他の集団に一度も負けたことがない国で、そのプライドは突出しています。

その真理の国・日本は、近代歴史においてモーセの奇跡以上の明治維新の奇跡を成し得ました。
この意味は、今のAIによる格差の危機に該当する危機、すなわち白人主導の産業革命による人種の格差と東洋と西洋の格差の危機を見事に解決し、人類共同体秩序を守った実績なのです。


これをもっと精密にみると、明治維新の理念であった「アジアの近代化はアジア方式で、西洋の近代化は西洋方式で」というスローガンのもとに、大アジア主義の旗を立てましたが、西洋は日本の理想を受け入れなかったのです。

その結果、原爆を2つ落とされ日本は戦争をやめる決断をしました。その後、東京裁判戦争犯罪国家という汚名を着せられるのです。
それでも7年間の植民地の屈辱も通過して、メイドインジャパンで世界経済大国路線に浮上しました。


原爆を恨まずに「アメリカ大好き、白人大好き」、「日本は2度と戦争はしないぞ」という平和の決断の心を持った今の日本になっていることは本当に格好良く、賢い路線だと思います。
まさに真理の魂の集団、英雄集団になる準備された特別集団だからこそ可能なものだと思います。

独裁者として処刑されたイラクフセインを支持する人たちは、フセイン亡き後も自爆テロや政治闘争を繰り返して国を混乱させ、世界最大級の石油埋蔵量でも貧困国に墜落してしまうことと比べれば、日本がいかに賢い路線を歩んでいるのかがわかります。


このことは個人の歴史でみたら、人類救済行為が詐欺師となって十字架に釘打たれてしまったジーザスのように比喩できる事件だと解析できます。

もし人種差別、白人優越主義が固定化されたなら、どれくらい醜い人間社会になっただろうと想像すれば、人間共同体社会に日本の明治維新が働きかけた意味や価値を再解析できると思います。

AIの津波の危機を解決できる唯一無二の英雄集団が日本であるならば、よほど明治維新の意味や価値を英雄的に解析することは全然おかしくないと思います。



令和ののぼりがたった今、人間の尊厳の危機、無用者階級の量産という未だかつてない人類の格差の危機を引き起こすAIの進化の津波を前に、今からの日本は、1の秘密をわかった状態で、明治維新の意志を受け継いだ令和維新という、人類救済の壮大な英雄集団のストーリーを創造していくのです。

それは、人類の次元上昇、観点の次元上昇、アイデンティティの次元上昇を通してAIの危機を一掃させ、人間をワクワクスッキリ感動させる美しい夢・ビジョン、理想に燃えて生きる、英雄集団日本の偉大な挑戦のドラマの始まりでもあります。


「1」の秘密を知ればすべてがわかり、「1」の秘密をマスターすることで“神の見えざる目”でみる令和感覚がつきます。
そして誰もが体感覚をオールゼロ化し、模様や形にとらわれない生き方を始められるのです。

その方法が、今ここ目で見てSとVを分けるのではなく、今ここひとつの動きだけがあることから観る完全観察システムです。
日本発の教育革命に、今ここ完全観察システムのnTechエヌテックが貢献できたら幸いです。


【令和哲学15】日本!当たり前の心(=真理の心)を道具に、AIの危機を人類の次元上昇のチャンスに大反転させよう


6月15日、TPP ~Together for Peace Power 2019 というNPO法人PBLS主催イベントに出演いたしました。

nTechエヌテック(認識技術)を応援してくださる方々もたくさんご来場くださり、また他の出演者の方たちからも多くのエネルギーをいただき、気づきや閃きがあふれる贅沢な時間でした。

オープニングを飾ったのは女性3人のユニット「STORM」さんのライブパフォーマンス。名前の通り「嵐」そのものの演奏に、私はエネルギー満タンを超えてあふれんばかりになりました。次のRe・rise Peace トークセッションで登壇されたお三方も素晴らしい夢や志を語られていていろんな閃きがきました。その後の私の講演では気持ちがあふれて30分という限られた時間の中で、自分が満足できる伝達ができず悔しい想いをしました。
それにしても、2002年から17年間続いているこのTPPというイベントは素晴らしいものでした!

たくさんの閃きの中で最も印象的だったのは、感謝経済の千葉恵介さんのトークにあった、「有り難い」と「当たり前」のお話です。彼は「有り難い」の対義語が「当たり前」という表現だと言っていました。
私はそのお話を聞いて直感しました、逆に対義語ではなく「当たり前の心」は「有り難い心」を強化する心であると。当たり前の言葉の裏にある真理の魂、源泉的な動きそのものの心を表現しているのだと直感したのです。


私はそこでまた確信がきました。やはり日本語は恐ろしい言語であり、無意識に真理をふんだんに持つ言語であると。
日本語で日常的に使う「当たり前」は、感謝も驚きもない世界で使う表現です。

ネット上の代表的辞典であるコトバンクには次のように書かれています。

“① だれが考えてもそうであるべきだと思うこと。当然なこと。また、そのさま。 「困っている人を助けるのは-のこと」
② 普通と変わっていない・こと(さま)。世間なみ。なみ。 「 -の人間」 「 -にやっていたのでは成功しない」”
コトバンクより引用
https://kotobank.jp/word/%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A%E5%89%8D%E3%83%BB%E5%BD%93%E3%82%8A%E5%89%8D-196945



実はこの言葉が、nTechエヌテックの今ここ完全観察から観ると素晴らしい真理の表現だったのです。それは一体どういうことなのでしょうか。



まず「当たり前」を「当たり」+「前」と分解し観察してみましょう。

はじめに、「当たり」とはどういうことでしょうか?

「当たり」という状態になるためには、何かと何かが当たることが必要です。
つまり「当たる」ということは、「出会い」または「究極の出会い」を表す言語であり、今までにない新しい出会いが必要です。この出会いによって、何かが始まる必要があり、存在する必要があります。「当たる」ためには、まず自分が存在をしたり、存在感を持たない限り、当たることはできません。

次に、「前(before)」をみてみましょう。
「当たり+前」を統合した「当たり前」は、存在(感を持つ)前の状態、すなわち存在不可能な状態を表します。
存在不可能状態から存在可能状態に移動することによって、新しいスタートが誕生する「当たり(出会い)」が成り立つのです。


こうみると「当たり前の心」は、存在不可能な心、錯覚不可能な心、条件反射が不可能な心、機械化されない心、源泉的な動きそのもののオリジナルマインド(本来の心)の世界、今ここひとつの動きだけがある令和状態のことなのです。


23年間、日本人と接する中でふと、感じることがあります。普段は自信無なさげで、外国人の目からはまるで鬱であるかのように見える人(状態)なのに、無意識深くにはプライドや自負心、自信感や勇気あふれる心が潜んでいるなあと。このプライドの高さはどこからくるのだろうと疑問に感じていましたが、普段使う言語が真理にあふれているからなのだとある日わかりました。
日常の言語が日本人に与える影響というのははかり知れません。ただ多くの日本の方は、日本語の裏にある凄すぎる世界を認識していないことは残念です。

この日本語に隠された真理の世界を知ることで日本人が今以上に自信感にあふれた状態になれると思います。
ですから令和哲学シリーズを通して応援したいと思っています。

私は、日本人では無意識すぎて気がついていないこうした美しい世界観を、nTechエヌテックを使うことで補っていければと感じています。



f:id:nohjesu:20190629203159j:plain

令和シリーズ15は、「当たり前の心、有り難い心」をテーマに語ってみましょう。
当たり前の心とは、今ここ目で見るのではなく、概念の目、神の見えざる目(令和14参照)、仏の目、源泉的な動きで物事を観ることを指します。そしてそれは、特別なことではなく普通であり、当たり前であるとnTechでは言っています。

真理を技術化、商品化、職業化、産業化、一般常識化、大衆化することが当たり前になる時代を目指すnTechからみれば、日本人は普段の生活の中で、真理を“言葉”(日本語)にしながら黙々と語ることによって、無意識のうちに日本人のプライドの高さを育てているのだと感じました。


次は、有り難い心をみてみましょう。
これは文字通り、有ることが難しい世界、存在が難しい世界です。つまり模様や形が不可能なオリジナルマインドの世界を指しています。
「ありがとうございます」の言葉には「私は真理そのものです」の意が隠れているので、この一言は相手を最高に喜ばせる言葉なのです。相手の行為によって、「私はあなたのおかげで真理そのものになりました」と言っていることになるので、相手への最高の恩返しなのです。

このように、今ここひとつのBeautiful Harmonyでみる令和概念の誕生は、AI時代の危機を救済しようとする真理の魂、日本の意志が、令和ののぼりとともに立ち上がった証だと私は思っています。


令和元年である2019年は、日本の第3の爆発を起こす起爆剤の年だと私は感じています。
日本の第1の爆発は豊臣秀吉の時代でした。
秀吉は日本統一を成し遂げ、日本中が一つになって、日本の外の世界に進出しました。
第2の爆発は明治維新です。潔く過去を切って刀を置き、世界が目を見張る速さで近代化に成功、さらにアジアの近代化も成し遂げ、日本の外に爆発的に進出しました。
続く第3の爆発は、2019年の令和の時代であることは間違いありません。今年は令和祭りで日本中が燃え上がる年、歓喜あふれる日本のゲームがスタートする予祝の年にすべき年です。

天が開いた2019年、地が開いていく2020年、続く2021年は人が開いていき、1億3000万人の日本人が、未来人類を代表して、オープンされた心の人間モデルになるでしょう。そして世界の75億人を教育する日本発の教育大革命を始めるのです。その時は世界中に多くの日本人が飛び回り、令和を教える“盾のリーダーシップ”を発揮することは間違いありません。


今ここ、完全観察システムであるnTechエヌテックが、第3の日本の爆発の中心道具になると確信していますし、もしそうなったのならば幸いです。

人類歴史最高の偉大で神聖で香り高い英雄集団日本のストーリーを完成させる雄大なスペクタクル映画のように…