Noh Jesu 公式ブログ|

このブログは、nTech(認識技術・観術)創始者 Noh Jesu(ノ・ジェス)公式ブログです。

【令和哲学43】人間のディープラーニング(Deep learning)教育革命で世界基軸教育時代が始まる

 

前回の記事はホモ・デウスシリーズでしたが、今回の令和哲学シリーズではホモ・サピエンスの滅種について語りたいと思います。

 

人間の歴史の中で、人間より優れた知能を生み出していることがどういうことなのか。

人間より賢い存在、Deep learningするAI(人工知能)を、人間自ら地球上に誕生させています。

神が人間をつくったというこれまでのイメージを覆す、まったく新しい時代が始まりました。

 

新しい時代を生き抜くためのカギとなるのは、人間がいかにDeep learning(深層学習)を活用するかです。

 

まずはその前に、そもそもDeep learning(深層学習)とはどういうことなのか。

それを理解するために、人間が何千年間もかけて開発した囲碁を題材にみてみましょう。

 

 

囲碁は、2500年前中国で生まれ研究開発されてきた世界最古のボードゲームと言われています。

チェスや将棋よりも難しく一番複雑な思考・知恵が必要だと言われており、その囲碁の世界人口は約4000万人、その世界トップが2015年以降、AI(人工知能)であるコンピューター囲碁プログラム「AlphaGo(アルファ碁)」(以下アルファ碁)に連敗するというショッキングなニュースがあったことは記憶に新しいことでしょう。

 

2017年当時、その中でも2000年代半ばから2010年代前半における世界最強の棋士と目されるイ・セドルさんの1勝以外は、人間のプロ棋士は全敗しました。

 

ボードゲームで最も難しいと言われている囲碁には約10の360乗通りという天文学数的な組み合わせが考えられるため、AIが人間最強の棋士に勝つことは、今までの機械学習方法のままでは到底不可能であり、少なくとも10年はかかると言われていました。 しかし、Deep learning強化学習等の技術の組み合わせによって人間をはるかに凌ぐまでになりました。

 

「アルファ碁」は人間のネットワーク層が5~6層であるのに対して、13層のネットワーク層を持っています。この違いだけでも世界最強のプロ棋士が1勝4敗したのです。

 

 

2019年11月に囲碁から身を引いたイ・セドル氏は、「永遠にAI(人工知能)に勝てないことを受け入れた」とコメントしています。

ちなみに「アルファ碁」が強くなりすぎ、これ以上成長しても仕方ないということで、開発したDeepmind社は「アルファ碁」を誕生から5年弱で囲碁の分野から引退させる決定をしたそうです。

 

現在のAI(人工知能)は、さらに改良が重ねられ、2000層ものネットワーク層を持つものが開発されています。

 

機械のDeep learningがあるかないかだけでも、これほどまで変化に違いが生まれた事実がわかりますが、さらに驚くべきことに、私たち人間の知識や学習方法に大きな問題提起をする出来事が起こります。

 

それが「アルファ碁ゼロ」の登場でした。

 

「アルファ碁」は、過去の囲碁棋譜をすべて暗記し、それを土台に7ヶ月間学習したのが人工知能でしたが、アルファ碁の新バージョン「アルファ碁ゼロ」は、最初に囲碁のルールをプログラムするのみで人間の棋譜はいっさい与えずに、自分自身との対戦による強化学習だけを行いました。

 

その結果、「アルファ碁ゼロ」は「アルファ碁」に100戦100勝という圧倒的な強さを発揮したのです。

 

7ヶ月間勉強した「アルファ碁」に対して、

36時間しか勉強してない「アルファ碁ゼロ」。

 

アルファ碁ゼロ」は人間の知識ゼロです。ただ、囲碁の原理だけ教えられ、自分で学習方法を開発して、自分で独自に練習して、人間が数千年をかけて概念化した囲碁の原理のいくつかを独自に発見し、2500年の囲碁の歴史に新たな知見をもたらす戦略を策定するまでの急速な進化を遂げました。

 

このことから、これまでの人間の学習方法がいかに問題であるかがわかります。

 

 

人間と「アルファ碁」が戦って、人間が負けました。そして人間の学習方法を学んだアルファ碁が、人間知識とはまったく関係なく、機械だけで自ら学習方法を開発した「アルファ碁ゼロ」に、100回戦って100回負けたのです。

 

これらの出来事から、これまでの人間の知識の習得に大きな問題があることが、連続2段階で証明されたことになります。

 

これらを抜本的に変えるために、人間のDeep learningが時代の潮流となるのは必然です。

 

なぜならば、これまでの学習を土台にした人間の生きる原動力(エンジン)は、すでに摩耗し限界に達しているからです。

人類が誕生して以来、ずっと使い続けてきたこのエンジンは「脳と5感覚、暗記言語に依存した観察を積みあげた経験や知識」をベースに、“高さの幸せ”を追求するものでした。

高さの幸せを追求する生き方は、まるで「成就動機の奴隷」の状態です。「何かが足りない」という不足感の「×状態」を「〇状態」に満たそうとしてきたことが、これまで人類がやってきた繰返しでした。

その結果は、大量生産が予測されるAI時代の「無用者階級層」の仲間入りです。

人類は500万年間ものあいだ使い古された“高さのエンジン”を、多様な問題を生み出す根本問題を発見し解決策を実践する“Deepエンジン”に早急に変化させることです。高さのエンジンでは、一時的にうまくいったとしてもわずかな条件の変化で一気に落ち込んでしまいます。

高さのエンジンのまま、つまりDeep learningがない状態を例えて言うなら、精子で生まれて本物の出会いができず精子のままで死んでしまうようなものです。卵子と出会わなければ3日で死んでしまう精子が、卵子と出会うことで100年生きる体人間に変わってしまうことが奇跡的な変化であるように、体人間が“5感覚や暗記言語を道具に観察および理解する古い認識方式”をオールゼロ化して"宇宙の根源である源泉的な1つの動き"と出会って、それを道具に新しい認識方式に習慣化できた時に、それ以上の奇跡が起こります。

 

それが精子の本物の出会いです。

 

では今までの知識や教え方を補完する人間のDeep learningとは何でしょうか?

 

一言で言えば全ての知識を大統合することです。

数学は全部違うものをイコールにさせるものですから、全ての数式を全部統合したら結果的に1になります。その1の意味を分かるようになることが人間のDeep learningです。それは経験知識、帰納知識で理解できるものではなく、概念知識、演繹知識を通して理解していくものです。

存在を究極に微分した一番小さい世界を心、積分した一番大きい世界を神と表現した場合、心と神を今ここに融合したものが1です。それは一番小さい世界であり、1番大きい世界で、一番深い心でもあり、1番早い世界、今ここ時間がかからない世界でもあります。

宇宙の根源、世界の根源である、このすべて統合できる1の源泉的な動きの意味を理解した時に、全ての因果、知識から自由になって、知識に支配されない大きな心の器になり、知能を楽しむ感覚を獲得できます。

これがAI(人工知能)から自由になって楽しむことができる、AIを支配する人間の感覚です。

これを無知の完全性、オールゼロ化感覚、永遠不変の感覚、神秘神聖な感覚と言っています。

 

これを分かると分からないのでは大きな格差が起きます。

Deep learningを通して心人間に生まれ変わった人類は、AIの目的関数を自由自在にプログラミングできることでAIの機能を楽しめる新人類になるのです。 

f:id:nohjesu:20200229093052j:plain

「源泉的な1つの動き」と出会うということは、今の科学技術が扱える最先端の素材である、1秒で宇宙を10の500乗回振動させている真空エネルギーを成り立たせている究極な素材と出会うことを意味します

「源泉的な1つの動き」は「イメージ不可能な不生不滅の凄すぎる大自由の心」であり、その心そのものになることが、ホモ・サピエンスの滅亡=新人類誕生となります。

 

ホモサピエンスの滅亡・滅種とは、精子卵子と出会って受精卵に変異し100年生きる人間になる時、しっぽ一個で3日間生きる精子のライフスタイルは100%消滅するようなことです。ホモ・サピエンスが"源泉的な1つの動き"と出会うことで、過去から完璧に自由になる観点のオールゼロ化が起こり、主語S述語Vで世界を理解してきたホモ・サピエンスの時代が完全に終わるのです。

AIがいきなり賢くなり、精子がいきなり人間になるように、ホモ・サピエンスの観点が滅種したら、人間機能・性能自体が大きく進化します。ホモ・サピエンスレベルは生まれてから死ぬまでの脳と5感覚、暗記言語と主語(S)述語(V)の世界の中だけで生きる感覚ですが、Deep learningを受けた人間の機能・性能は永遠です。不生不滅の“アルファ”から不生不滅の“オメガ”の間に生老病死がある現実錯覚世界、主語(S)述語(V)がある虚構の中でホモ・サピエンスの人間が住んでいる世界が認識できます。

f:id:nohjesu:20200229093124j:plain

このように1つに固定されたアイデンティティ(ID)で生きる時代から、自分のIDを不生不滅に変え、団結して、社会全体の映画の「シミュレーション」を変える時代が始まろうとしています。

 

日本はチームプレイが世界一できる集団で勢力戦には最も長けています。今は個人主義が蔓延しており、日本は自分たちが本来持っている強みをまったく発揮できていません。人間のDeep learningによって日本が一番元気に生まれ変わるでしょう。

 

点の中で思い込みながら生きていること、VRのメガネをかけて仮想現実の中でGameをするアバターを人間だと規定して生きているのがホモ・サピエンスの人間です。

この脳のVRのメガネを外したら、心がわかり本当の愛ができるようになります。“源泉的な一つの動き”だけが実在していることが分かるから、目を開けたまま存在がゼロ化し、エネルギーと物質がない源泉的動きが、どうしてエネルギーの物質化を生み出すのか、それを説明できる心がわかります。

 

心の時代、愛のGameが始められる人間のDeep learningを可能にする教育を、世界基軸教育として私は世界に発信しようとしています。それを可能にさせるのがnTech、教育技術です。これは多くの日本の方の協力のもと、24年かけて開発に成功しました。2020年3月7日(土)大阪で世界基軸教育をテーマに「大阪 Re・riseフェスティバル」というイベント開催する予定です。

nTechが人間の尊厳と愛が溢れる時代をつくつることに貢献できたら幸いです。

 

関連リンク:

t.livepocket.jp

youtu.be

「サピエンス全史とホモ・デウスを通して観る、人類の今までとこれから」シリーズ3  ~地球の覇者であるホモ・サピエンスが、その支配力を喪失していくプロセスとは?~

 

f:id:nohjesu:20200125225826j:plain

こんにちは、Noh Jesuオフィシャルブログ編集部です。

シリーズでお届けしております「サピエンス全史・ホモ・デウスから観る、人類の今までとこれから」も今回で3回目となりました。今回も書籍の中の重要なポイントや、書籍には書かれていない、nTech(エヌテック)ならではの解析を織り交ぜながらお話しを伺います。

前回のテーマは「ホモ・サピエンスが地球を征服した後、どのような統合秩序システムをつくり維持したのか?」でした。サピエンスは虚構を生み出すことによって統合秩序を進化させて宗教・帝国・貨幣という3大虚構をつくることによって、人類の統合秩序システムを進化させ、結集力が増したことをお伝えしました。 

 

シリーズ3回目は、地球の覇者となったホモ・サピエンスが、その支配力を喪失していくプロセスについてお話を伺います。

 

編集部:このシリーズも折返し地点を迎えました。今回もよろしくお願いします。

 

Noh:はい、よろしくお願いします。まず、今回の重要なキーワードを一言でいうと「過去の成功が未来の失敗につながる」ということです。

 

編集部:わかるような、わからないような…。もう少し具体的にお願いします。

 

Noh:はい。歴史を振り返ってみるとわかりやすいですね。例えば、過去の戦争で日本はロシアに艦隊決戦で勝ちました。この大成功があったから、同じようにアメリカにも艦隊決戦で勝とうとして、結果的に大失敗になる原因となりました。私は、戦争反対派ですが、もし、違う戦略を選択していたら実はアメリカにも十分勝てるチャンスがあったのです。

 

編集部:なるほど。過去の成功が未来の失敗につながるということは初めて聞いたのでとても興味深い観点でした。しかし、過去の成功にこだわらなければ、アメリカにも十分勝てるチャンスがあったという話は、とても驚きです。次回、機会があれば話していただくとして 、今シリーズと過去の成功の話をさっそく伺いたいと思います。

 

Noh:はい。それでは、さっそく本題に入りたいと思います。

今回は、過去のシリーズ②までの内容の理解の上に成り立っていますのでシリーズ②までを

 

の見出しで振り返り、前回までの振り返りをせずにすぐにシリーズ③の内容を読みたい方は

 

編集部:前回までの内容もかなり難解な部分がありましたので、いままでをまとめていただけると助かります。

そして、今回の内容も折り返し部分の重要なパートなのでかなり深く多くなりそうですね。

 

Noh:はい。今シリーズの理解ができると『サピエンス全史』、『ホモ・デウス』シリーズ合計4冊の内容がすっきりと整理できますよ。

 

続きを読む

【令和哲学42】世界基軸教育を発信する教育経済のモデル都市大阪とは?

 

編集部:令和元年11月30日に福岡で開催されたリライズフェスティバル福岡に続いて、2020年3月7日は、大阪で世界基軸教育を発信するArt of OSAKA(大阪美学)をスイッチオンさせる1000人が集うイベントを企画実践していらっしゃいますね。令和哲学者から観る大阪の価値とは何でしょうか。

 

Noh:はい。24年間をかけて、日本から世界基軸教育発信システムを構築し完成させてきましたので大阪で1000人が集まる歴史の現場で皆さまに初公開出来たらと楽しみにしています。

大阪は、侍たちの精神エキスを土台にした経済発展のモデル「天下の台所」という時代から大阪商工会議所大阪証券取引所等を含め、明治維新の日本の産業革命、商業革命の両方を同時に実践し、長らく東洋のマンチェスター的な役割機能を果たしてきました。 

 

大阪の役割を歴史的な脈絡から整理してみると、1.0バージョンというのは「天下の台所」と言われた豊臣秀吉大阪城の時代です。令和哲学者として大阪の役割を、ストーリー性を持って面白い視点を取り入れ表現してみれば、物質文明を開いた物質は原子であり、物質の基本単位である原子から、中性子織田信長、陽子を豊臣秀吉、江戸へと飛んだ徳川家康を電子という視点で観ています。東洋のマンチェスターと言っているのは、マーケット活性、産業革命、商業革命の震源地でもあり、これは神の見えざる手でマーケットの心臓でもあると言えます。

この物質文明を超える大阪出発の令和維新の精神文明は、織田信長中性子豊臣秀吉の陽子、この核の更なる中心の中にセッティングされている「間」、この間こそ神の見えざる目であり令和維新の中核になるのです。東洋のマンチェスターを通過した大阪は、神の見えざる手のエキスである世界基軸通貨、金融取引を補えるのは、神の見えざる目であり、それが世界基軸教育の核になるのです。物質文明から精神文明を誕生させ、日本の魂、鉾(ほこ)だけがある明治維新の精神日本の勝負から、霊を取り入れた霊魂の進化である世界基軸教育で日本の盾(たて)が完成できた令和維新の精神で勝負することが、大阪3.0バージョンの偉大で神聖な地域ミッションだと思います。

 

世界基軸教育、世界の根源、宇宙の根源から世界を整理整頓して理解する新しい知識生産方式と新しい理解方式を案内するのが世界基軸教育であり、神の見えざる目が誕生するところは東洋のマンチェスターであった大阪からではないでしょうか。

 

大阪は力動性溢れるダイナミック精神で認識革命を全世界に広げる役割を果たせるでしょう。世界基軸教育の出発、新しい精神を出発させ、世界経済の最中心都市になれる、その都市が大阪です。

f:id:nohjesu:20200119003807j:plain

大阪1.0バージョンとして日本一の天下の台所であった織田信長豊臣秀吉の時代から、明治維新五代友厚を中心に大阪商工会議所大阪証券取引所など、東洋のマンチェスター金融経済を生んだ2.0バージョン、世界基軸教育を発信しグローバル教育の中心大阪に生まれ変わる時が大阪3.0バージョン令和維新です。人間の一番基礎となる基軸教育で新しいチャレンジ精神を存分に発揮し世界の中心になることが、大阪が令和時代に果たしていく使命です。

 

令和の時代は心の時代です。心をビジネス化するにはEducation(教育)+Economic(経済)のEdunomic(教育経済)を活用し軍事経済から教育経済へパラダイム転換させる大阪の勇気が絶対的に必要です。合わせて教育技術(EduTech〜Education+Technology)を土台にした教育経済のモデルを創り、軍事経済のモデルになった「モノづくり」から、宇宙の根本・世界の根本である源泉的動きそのものになった「人づくり」である世界基軸教育も必要です。

 

Internet of Human (IoH)の時代から5GのICT技術がリードしていくInternet of Thing(IoT)、そして間髪入れずに続いてくるInternet of Everything (IoE)、PC(Personal Computer 以下PC)からPU(Personal Universe 以下PU)の時代をリードしていく時代へと日本を開いていけるのは、日本で一番ダイナミックな都市大阪にほかなりません。アナログスピード認識からデジタルスピード認識に変えていく人間の基軸教育。時間が掛からないのがエネルギーの動きですから、電気半導体、光半導体量子コンピューターから大阪は心の半導体を活用するPCからPUの世界基軸教育がブランドになるでしょう。これは東京一極集中の日本発展の方向性を大転換させることにも貢献できると思います。

  • 令和哲学チャンネル No.41 産業革命の時代から認識革命の時代へ 『日本の企業家精神の震源地・大阪』

         

 

編集部:大阪が世界基軸教育の発信地として教育経済のモデル都市になる時、一体何が変わっていくのでしょうか?

 

Noh:そのことを通して、一番変わるのがチームプレーです。今までの経済プレートでは、私たちは常に意識でも無意識でも根底に我慢がありながら一生懸命チームプレーをしてきました。ですが、これからは基軸教育が入ることで、互いが観点の問題を解決できている状態を基に、たとえ誰もが∞アウトプットしたとしても全員が納得のいく秩序を作ることができるようになります。観点の問題を解決した人たちの集まりならば共通土台がありそれが可能なのです。

 

何より大阪は本来、チームプレーが大好きな人たちです。大阪人たちは何を置いても真っ先に深い信頼関係がしっかりと構築できているのです。信頼関係がなければ、これほどまでの経済発展は不可能ですただでさえ信頼関係が構築できている大阪に、観点の問題が解決できる認識技術が入ったら一体どんな変化が起きるでしょう。歴史最高最強の一番深い信頼関係モデルができるという意味です。

また、大阪は元来船民族です。全国からの商売物流の中心になりました。そこから明治維新の時は東洋のマンチェスターと言えるくらい莫大なお金の取引があって、信頼関係がしっかり発達できているのが大阪という経済都市です。ゆとりがない時代が続いてきた今、人間一人一人の心がPCからPUになることで、誰の心にもゆとりができるようになります。観点の限界を突破して心と心とで深く繋がれる、世界で一番信頼度が高い地域が大阪となるでしょう。その絶大な信頼を軸にビジネスが活発に展開できる都市となります。偉大な事業・ビジネスが生まれるための絶対条件は、自己信頼・他者信頼です。

 

この信頼を世界一持っている大阪地域から新しい希望の資本主義モデルが誕生するのは当然なことだと思っています。

 

Give&Takeのスピードが信頼の基で日本一活発に動く東洋のマンチェスターが大阪だったのです。その大阪中心の日本の明治維新の精神をゼロ化して、東京中心の西洋の個人主義中心の資本主義モデルで日本の骨抜き政策が実行したのがGHQの意図だと思います。東京中心の経済が活性化していますが、明治維新の初期はすべて大阪から出発しているのです。すなわち認識経済認識産業の出発、世界基軸教育、教育経済、EduTechをスタートさせ具現化するには、大阪は最適地でしょう。アナログ認識を基軸教育、ダイナミック哲学でデジタル認識に移動できる教育を産業化できるのが、信頼の元でGIVE&TAKEのスピードが力動的活発なエネルギーを持っている大阪だと思います。

 

令和哲学では人生はS(主語)V(述語)がある世界ではすべて錯覚だと規定しています。大阪がお笑いで有名であることも非常に意味があるのです。錯覚現実であることを分かって、敢えてボケと突っ込みをしながら儲かっていく必要があります。悟りの技術化、ビジネス化、産業化を牽引していく未来都市大阪に∞可能性を感じています。

 

3月7日の大阪リライズフェスティバルでは、新しい教育経済出発の都市大阪で皆様とお会いできることを心から楽しみにしていますし、PCからPUの時代をリードしていく英雄集団日本のメッセージ発信時代に「今ここ」完全観察システムであるnTechエヌテックが貢献できたら幸いです。

 

関連リンク:

t.livepocket.jp

www.youtube.com

www.youtube.com

blog.noh-jesu.com