Noh Jesu 公式ブログ|ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントを開催中

このブログは、nTech(認識技術・観術)創始者 Noh Jesu(ノ・ジェス)公式ブログです。ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントも開催中。

【令和哲学②】日本のリーダーシップ宣言!和心の幟(のぼり)

 

令和という新元号が、2019年5月1日から施行されることになりました。

 

令和という新元号は、日本の幟・旗を象徴していると私は捉えています。

「旗を立てる」という表現は、新しいチャレンジ・勇気・リーダーシップ発揮の宣言であり、誰もやったことのないことを初めてやる宣言でもあります。

 

また、昔、特に激しい戦争の時には言葉での伝達が難しいため、大勢の人に指示をしたり統率を取る際に、幟・旗を通して疎通・交流する伝統がありました。

敵は知らずに味方だけにわかる、精密に表現すれば個人と個人の疎通交流ではなく集団全体を統率するリーダーの戦略戦術が部下たちの多様なチームプレーとシナジー効果を強化するとっても重要な疎通交流の道具でした。

この疎通交流の道具である幟の意味の理解は戦闘の勝ち負けを決定するとても重要な基本の中での基本でした。

 

令和という新元号になることは、JAPAN MISSION、JAPAN DREAM、JAPAN MIRACLEを23年前の1996年からずっと訴え、実践し続けてきた私にとって、とても嬉しい事件でした。

 

2019年令和の幟がたっていることは侍の魂がいきている日本精神が活き活きしている人であれば、この令和の幟のメッセージの意味をわかり、しっかり反応できる個人・家庭・集団・地域になるでしょう。令和の幟の意志と一つになって団結した未来勢力になって日本をどんどん一つにまとめていくでしょう。やっと、人類全体を一つの方向性、《人間尊厳時代》に導くことができる和心の時代の到来、日本の真のリーダーシップが発揮できる時代を宣言するメッセージだと思っています。

 

 

令和という新元号の「令」の文字に隠された意味を解析すると、

「今」という文字に、垂直に1本の筋を立てた形とみることができます。

 

それは、理想と現実がひとつになり、「天・地・人」がひとつになって、「今ここ1で生きる」「今ここ、無境界線、無方向性、無差別で生きること」というメッセージなのです。

 

f:id:nohjesu:20190405210800j:plain

f:id:nohjesu:20190405210857j:plain

 

それはさらに、人と人をつなぐ IoH、そして事物と事物をつなぐ IoTの世界をリードする、西洋中心の物質文明から、絶対世界と相対世界をつないで、完全有と完全無をつなぐIoEの世界を主導する、日本の精神文明創建のリーダーシップの発揮につながります。

 

 

もともと、日本には「間(ま)」を大事にするオリジナルの文化があり、間に合う、間違う、間に入る、間抜け、人間、時間、空間、仲間など、日本人の日常には「間」の概念が溢れています。

そんな日本だからこそ、nTech(エヌテック)というこれからの人類の文化文明のプレートを上昇させる、新技術の誕生が可能になったのです。

 

全ての《間》(英語ではinter )を生み出す「間の秘密」がわかること、それは絶対世界と相対世界の関係性が明らかになることであり、それを誰にでも自由自在に活用できるようにしたのがnTechという技術なのです。

 

nTechは、時間・空間・存在・エネルギーすべてが融合可能になるIoEを主導する技術であり、体感覚の相対性、差別性の問題を解決し、今ここ目で見るだけではなく、心感覚で完全観察が可能になる技術でもあります。

この技術の誕生を通して、インターネット時代の主導権を西洋から日本に移動させるきっかけとなるべく、心ある日本の方々と共に23年の年月をかけ、開発をしてまいりました。

 

                                   

私は、日本が世界に誇るべき功績の一つとして、
明治維新があると考えています。

 

西洋と東洋の格差、白人優越主義の人種の格差が生み出す、強烈な不平等社会を解決した偉業があるからこそ、唯一日本が、今の時代の危機をチャンスに大転換させるミッションがあるのです。

 

AIが生み出す、無用者階級の大量生産による不平等社会の危機と、
人間の尊厳の危機の突破口を開いて、美しい人間尊厳時代の幕開けを主導できることが、唯一無二のこの時代の日本の価値なのです。

 

令和という新元号が引っ張っていくこれからの日本のリーダーシップの時代の到来を心から嬉しく思っています。

 

この日本のリーダーシップ発揮の中心道具として、nTechが日本のみなさまに愛されるように、さらに頑張っていきたいと思います。

 

 

<関連URL>

令和という新元号に寄せて シリーズ① 愛のゲームに反転させる!日本、あけましておめでとうございます

令和という新元号に寄せて シリーズ③ 明治維新を完成させる令和精神 ~曖昧の心、間心、和心~

 

【令和哲学①】愛のゲームに反転させる!日本、あけましておめでとうございます

f:id:nohjesu:20190406223049j:plain

令和という新元号の発表が、2019年4月1日にありました。

 

令和という新元号は、JAPAN MISSION、JAPAN DREAM、JAPAN MIRACLEを今から23年前から訴え、実践し続けてきた私にとって、とても嬉しい出会いの事件でした。

 

今回の令和という新元号に関してシリーズ化して記事を作成していきたいと思います。

 

令和という新元号は、日本のシンボルである和心の幟(のぼり)の象徴として私は捉えてます。やっと日本がリーダーシップを発揮する旗を立てたという意味です。

 

耐え忍ぶ心で、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、この時を待って待って待ち続けた日本の心。一秒も、一ミリも間違えることなく今日、

令和というふさわしい新元号の発表となったことに、「明けましておめでとうございます」と心から祝いたいのです。

 

令和という新元号発表は、「日本のリーダーシップ宣言」でもあり、また戦争ゲームを終わらせ、愛のゲームに前進する心の時代の人間の「尊厳宣言」でもあると思うのです。

 

もうひとつ、日本には「間」を大事にする文化があります。「間」は英語では「inter」にあてはまります。間抜け、間違い、間が悪い、間に合う、間の取り方など日常の中に「間」が溢れる稀有な国、日本。その「間」に合わせた新元号

令和は、インターネット(inter<間>net)時代の主導権を日本がとって走る時の到来を告げる宣言でもあると思います。

 

西洋が牽引したIoHとIoT。まずInternet of Human(IoH)で、人と人の間をつなげ、今はInternet of Things(IoT)で事物と事物の間をつなげる事物インターネット時代を迎えています。

そこに留まらず、今から日本が世界に発信するのは、Internet of Everything(IoE)時代の到来!日本の和心で、時間・空間・存在・エネルギーすべてを融合させる時代をつくる。すなわち絶対世界と相対世界の間をつなげる心の時代の宣言を、全世界に知らせる幟を、今日、高く高く立てたのです。

 

時代は2つの大きな危機を迎えています。ひとつは格差の危機。既にあらゆる格差が広がっていますが、AIの登場によって「人類歴史最大の不平等格差社会」が訪れるのも目前です。

もうひとつは、人間のアイデンティティ、尊厳の危機。人間の感情までも生化学のアルゴリズムで統制されるだろうと言われ、また人体も工学とつながって内臓交換されたサイボーグもでてくるでしょう。さらに人間の脳の情報データをAIに移動させるなど、「不滅」が当たり前の時代に突入しています。そんな中、多くの人は基本給をもらいながら仕事場がない「無用者階級」になると予測されているのです。

 

これほどまでに酷い格差とアイデンティティの危機はどう救済できるのでしょうか?

今まで人類を大統合し、人間共同体秩序を維持してきたのは大きく3つです。まずは経済秩序である貨幣システム、つぎに政治秩序である帝国主義、最後は教育システムである宗教です。

しかし今、アメリカの帝国主義は、トランプ大統領の「アメリカファースト」という白人優越主義により、人類統合のポジションを自ら放棄しています。

また、イスラム教とキリスト教は衝突を繰り返しており、宗教が人類を統合するよりは、紛争や摩擦の根本原因になっています。

貨幣システムは、人間を差別しない唯一無二のものではありますが、需要と供給の冷たい法則を土台にしているので、人間関係が簡単に壊れるという弱点を持っています。

 

そんな中、この時代の格差とアイデンティティの2大危機を一気に突破できる新しい普遍的な統合システムが必要だ!と提案してきたのが、nTech(エヌテック)です。

nTechは「いまここ完全観察が可能」な技術。いまここ目で見るだけではなく、人間の体感覚の相対性、差別性の問題を補うことができる心感覚を得る技術なのです。

人間一人ひとりが持つ認識構造の改革が起きる認識革命時代、それを引っ張っていくのが和心の日本だと私は思います。日本は既に、東洋と西洋の格差と白人優越主義の人種の格差が生み出す強烈な不平等社会を解決した明治維新の功績があります。

ですから、AIが生み出す歴史最大の不平等、格差を解決できる日本の勇気ある和心の幟が

令和という新元号として登場したと私は嬉しく思っています。

日本から、新しい時代を創ることにnTech(エヌテック)は強烈な道具になる確信があります。

 

令和という新元号は、nTechが23年間訴えてきたことへの答えだと私は深く感謝しています。これからもっと多くの日本のみなさまに、nTechをお伝えしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Noh Jesu

 

<関連URL>
令和という新元号に寄せて シリーズ② 日本のリーダーシップ宣言!和心の幟(のぼり)