Noh Jesu 公式ブログ|ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントを開催中

このブログは、nTech(認識技術・観術)創始者 Noh Jesu(ノ・ジェス)公式ブログです。ティール(teal)組織の進化版「Dignity ティール組織」のイベントも開催中。

【令和哲学⑩】日本!究極のスピード勝負で、リスクを背負った英雄集団の物語をつなごう

 

 

令和シリーズ10回目は、人類歴史文明の中で、一番ドラマティックな英雄集団・日本の物語を語ってみようと思います。

 

感覚の結果は現実を生み出し、解析の結果は未来を生み出します。

 

AIによる無用者階級量産の酷い格差社会到来の危機と、情報処理システムの効率競争が生み出す人間存在意義の2大危機を迎えている現代。この危機を解決する「英雄の情報処理システム」を構築できるのは、GAFA ガーファ GoogleAppleFacebookAmazon)などのグローバル企業になるか、アメリカ合衆国になるか、中国の共産主義システムになるか、それとも企業国家・日本になるのか―。

 

23年前から企業国家・日本による世界統合は歴史の必然だと私は言い切ってきました。そして、企業国家・日本のソフトウェア、すなわちindustry 5.0バージョンのソフトウェアシステムであるnTechエヌテック(認識技術)が完成したと自負しており、私の当然の選択でもありますが、大反転可能な感動のストーリーテリングがある唯一の集団は日本だと思っています。

 

人間が自然の力(自然の動き)に依存して生活した時代に、ヨーロッパ社会では人工動力(機械力・エンジン)を世界に先駆けて活用し、生産性革命を成し得ました。

この生産性の格差は、現代でいうと、いま予測されているAI時代の無用者階級の量産による格差の危機に匹敵する圧倒的格差を生み出し、人類共同体社会の酷い格差、東洋と西洋の格差、白人と有色人種の格差を揺るがないものとしました。しかし、日本の明治維新の大成功によって、これらの危機は、電光石火のごとく、短期間で解消されたのです。

 

しかしながら、その後日本は、電光石火の世界で成し得た明治維新の大成功の全てだけでなく、日本の伝統文化や天皇制のプライド誇りまでも全て手放しました。

3000年間、他民族に一度も負けたことがない日本が、核爆弾を投下された唯一の被爆国家となり、さらに7年間アメリカの植民地の支配下となり、戦争犯罪国家として扱われる屈辱を受けたのです。究極の成就から究極の喪失まで、こんな短期間で、これほど激しいショックを経験したのは、世界歴史の中で日本しかありません。

 

このような植民地時代を通過しながらも、独立国家に戻った瞬間から、またもや短期間でMade in Japanの神話をつくり、経済戦争で世界トップに躍り出て、経済覇権を握る寸前まで上り詰めたのが日本です。しかし、アメリカやイギリスなどの欧米諸国は、製造業中心の資本主義ゲームから、金融経済を中心とした新しい資本主義ゲームに変え、日本は円プラザ合意によるバブル爆弾で3000兆円余りを失い、第2の挑戦であった経済戦争でも喪失感を味わうようになるのです。

 

日本には終わりなき挑戦をし続ける底力があります。ですから再び立ち上がり、今までと全く次元が違う挑戦に向かうことは間違いありません。2019年5月1日、令和のぼり が立ち上がりました。日本の文明の、リスクを背負った今までとは全く次元が違う勝負、全世界を驚かせる日本独特なオリジナル勝負、オリジナルゲームをみせてくれると断固として確信しています。投機性、ギャンブル性がある危険に立ち向かう侍ジャパンに戻った日本のリベンジは、歴史の流れを大きく変えてしまう奇想天外な挑戦になるでしょう。

 

西洋は格差をつくり続け、その格差を無くし続けてきたのが日本です。
もう、個人が英雄になる時代は終わります。AI時代は、集団が英雄になる時代であり、その英雄集団は、「共同体を大事にする日本」になると私はみています。格差を無くす勝負ができる日本だからこそ、世界を統合する英雄集団になるのです。


白人が開発した科学技術が生み出す個人主義の格差の危機や、西洋文明が創りだす共同体の危機に、常に積極的に救済の魂が反応する真理の魂、日本文明の英雄的武勇談、英雄のストーリーが続くのは当然のことでしょう。

 

英雄集団・日本の目覚めの武勇談を「明治・大正・昭和・平成・令和」の5つの脈絡でみてみましょう。

 

人種の格差が蔓延する人間社会に対して明るい統治をしようとした「明治」。人間共同体社会の大きな枠組みを正しくさせる体制を立てようとした「大正」。そしてその共同体のモデルになって平和を呼んだ「昭和」。さらに「二度と戦争はしない」という平和の意志を完成させた「平成」。その平成を受けて、今「1」(=今ここひとつの心)の絶対尊厳で生き、真理が統治する「令和」へと物語を続け、Beautiful Harmony、尊厳祭りを具現化する令和時代が今、到来したのです。これは明治維新の完成でもあります。

 

f:id:nohjesu:20190530173349j:plain

 

今回の令和シリーズ➉では、今「1」(=今ここひとつの心)の「1」を、一番速いスピード、ウルトラ電光石火なスピードで解析してみます。

 

時間があるスピードは、脳による「錯覚スピード」です。その脳のスピードの材料は、エネルギーの「重畳スピード」であり、エネルギーの重畳スピードを生み出すのは、世界の根源、宇宙の根源である源泉的動きのウルトラスピード「1」であり、「心スピード」です。

 

数学・物理学の世界では、多様な新素材のS(主語)とV(述語)があふれています。

例えば、精神の変化運動のSとV、生命活動のSとV、物質の変化移動のSとV、光や波動のSとV、エネルギー振動のSとVなどがあり、これらの変化・運動・移動の現象世界を、数式・運動方程式で記述、表現しているのです。

 

この表現の共通点は、全てS(主語:固定したアイデンティティ)、V(述語:変化・運動・移動状態)で成り立っているということです。

これに対して、源泉的な動きは、SとVがひとつに統一され、SとVが分離不可能、分別不可能な状態です。これをnTechエヌテックでは「心スピード」と呼称しています。

 

源泉的な動き「心スピード」は、SとVの分離がなく、模様や形・大きさ・長さ・速さが一切ない世界。ですから、自分のS(アイデンティティ)が認識できません。すなわち、諸行無常諸法無我の世界です。

そこで、「心スピード」の自らの決断によって、自発的に動きを制限し(自発的対称性崩壊)、ホログラム・錯覚世界(大きさ・長さ・速さ)を演出します。つまり、エネルギースピード、光スピード、物質の変化・運動・移動スピードを演出し、アルゴリズムアルゴリズムの結果物を成立させるのです。

 

このことから、理解方式の大反転が起こります。これまでは、「存在があって、その存在が動く」という理解方式でした。すべての根源は動きなので、「動きが存在を規定・演出する」という、まったく新しい理解方式に変わるのです。

 

数字では、SとVがある世界は「実数」、SとVが分離不可能な真実世界、「心スピード」は「虚数」とみることができます。

 

SがVであり、VがSである。この究極のスピードが令和感覚「1」です。これ以上速いスピード概念はあり得ません。

このスピードをマスターし、最先端スピードのイメージを持つことは、スピード戦争時代の21世紀を生き抜くキーワードになります。個人も集団も意思決定スピードが求められ、軍事戦争でも0.00001秒の情報処理システムの演算スピードと伝送スピードの差が勝敗を決める鍵になります。

 

このことは、アメリカのHuawei ファーウェイ に対する制裁措置にも見て取れます。アメリカの軍事強国のポジションが危なくなり、警察国家としての機能を全うできなくなるため、共産主義国家の5G開発に対して、静観することができないのだと私はみています。

令和状態、令和感覚のスピードは、日本が情報処理スピード競争に勝利することに貢献できると確信しています。

 

大きさゼロ、速さゼロの今ここ「1」から、大きさと速さを演出するアルゴリズムが生まれ、このアルゴリズムを通過した結果物としての現実を観察することを「完全観察」と呼んでいます。つまり、この心のスピード「1」と、エネルギースピード(量子場のアルゴリズム)と、脳の錯覚スピードである現実、この3つの関係が認識できることです。

 

nTechエヌテックでは、「今ここ、目で見ちゃダメ」と言っています。体の目でみれば、脳のスピードから自由になれません。今ここ、ウルトラスピード「1」の心スピードで、点・線・面・立体・チューブが演出される「エネルギーの物質化プロセス」を観察することを強調しています。

 

実数が虚構になり、虚数が真実になる。

物質文明から心文明に大反転をおこすことができる英雄集団・日本の物語の完成を楽しみにしています。nTechが英雄集団の物語を完成させる道具になれれば幸いです。

 

 

<関連URL>

令和という新元号に寄せて シリーズ① 愛のゲームに反転させる!日本、あけましておめでとうございます
令和という新元号に寄せて シリーズ② 日本のリーダーシップ宣言!和心の幟(のぼり)
令和という新元号に寄せて シリーズ③ 明治維新を完成させる令和精神 ~曖昧の心、間心、和心~
令和という新元号に寄せて シリーズ④ 生きて死ぬ知恵で令和時代を生きる
令和という新元号に寄せて シリーズ⑤ 人類を大統合させていく令和感覚
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑥エントロピー・ゼロのCOOL JAPANの魅力を発信し新時代を拓こう!
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑦ すべての感覚を生み出すしなやかで折れない不動心で心の時代をリードする令和ジャパンになろう
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑧すべての夢をBeautiful Harmony化させる一番大きい夢を持って、ワクワク未来文明をつくろう!
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑨ 最先端の安らかな盾のリーダーシップを発揮する日本になろう!

 

TPP~Together for Peace Power~「Re·rise Peace 〜尊厳関係で創っていく平和〜」6月15日(土)出演のご案内

 

 Noh Jesuオフィシャルブログ編集部です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

編集部より、Noh Jesu出演のセミナーをご紹介いたします。

ぜひご参加ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

f:id:nohjesu:20190526173520j:plain

 

NPO法人PBLSは、おかげさまで今年設立18周年を迎えました。

 

2002年より毎年恒例となった

TPP~Together for Peace Power~、

 

令和元年となる2019年、想いを新たに掲げるグランドテーマは

「Re·rise Peace 〜尊厳関係で創っていく平和〜」

 

TPPは『平和』を

「名詞」ではなく「動詞」としてとらえ、

今この瞬間一人ひとりが蓄積していく

Peace Powerによって、個人の心の変化から

社会の変化を創造していく文化的ムーブメントです。

 

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております!

 

 

《チケットのご購入》

Live Pocketよりご購入ください:

t.livepocket.jp

日時:6月15日(土)開場13:00/13:30~17:00終演予定

料金:前売4,500円(PBLS会員4,000円)当日5,000円

場所:東京ウィメンズプラザ・ホール

東京都渋谷区神宮前5-53-67 東京ウィメンズプラザB1

www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

科学技術の最先端“AI”の登場によって人類はホモ・デウスという新しいステージに向かおうとしています。

 

人生100年時代”や“働き方改革”も叫ばれる社会の圧迫の中、失業ではなく“雇用不能”という、人と社会の関係が断絶される“無用者階級”まで危惧される未来が近づいています。

今、ますます私たちは人間の尊厳の危機に直面しようとしています。

 

未来の予測も難しい人類の歴史的な変革期が迫る今の時代を我々はどのように生きていけば良いのでしょうか?

 

このような変革期だからこそ、個人に求められる認識の変化と新しい人と人の繋がり、そして新しい組織のあり方について考えるきっかけを皆さんと共有したいと思います。

今回は、“美しい時代を創る人達”と題して、日本の各界で活躍されている方々へのインタビュー記事掲載メディア“Re•rise News”との特別企画をご用意しました。

 

当ムーブメントを通して、平和の意味をRe•rise(次元上昇)し、

令和の時代に日本から世界に発信する平和のメッセージを共に創りましょう。

 

2019年のTPPにどうぞご期待ください!

 

◾️Re·rise Peace ライブ

<出演>

STORM

 

ゲストプロフィール

◯STORM

STORMはテクニカルなクラシックやミュージカル、ポップ、オリジナル曲など幅広い楽曲とビジュアルやパフォーマンスにも力を入れたスタイリッシュなステージを繰り広げる女性3人のエレキユニット。

楽曲サイト:

eggs.mu

 

◾️Re·rise Peace トークセッション

Re·rise News”でインタビューをした約600名の中から、新時代を創造するために、様々な分野で活躍をされている方々をお迎えしてお話を頂きます。

(出演者交渉中)

 

◯Re·rise Newsとは

AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。人間の持つ本来の無限の可能性と機能を最大限花開かせる美しい時代を創っていく為に、既に活躍されている方々にお話を伺い、誰もが美しい時代を創る生き方を始められるヒントを提供していくことをコンセプトに、2018年9月に開設。全国約150名の有志が、これまでに約600名以上の方にインタビューを実施し、記事を掲載している。

HP: http://rerise-news.com/ 

記事掲載サイト:

note.mu

  

◾️尊厳関係で創っていく平和

<出演>

nTech創始者 Noh Jesu

 

ゲストプロフィール

◯宇宙一美しい奇跡の数式( 0=∞=1)で間の数式化に成功した令和哲学者 Noh Jesu(盧 在洙:ノ・ジェス)

NR JAPAN株式会社 代表取締役

ピースプロダクション有限会社 代表取締役

日韓VISION同盟 韓国代表

nTech、観術、HITOTSU学 創始者

韓国テグ出身。嶺南大学環境大学院環境工学科卒業。20年間武術と瞑想修練を重ね、韓国で武術道場と幼児教育会社を同時に経営。1995年来日。翌年、宇宙自然の根源である真実のイメージを発見、20年かけてイメージ言語とスクリーン原理を中心に認識技術「観術」として教育体系化に成功。現NR JAPAN(株)を設立。

人工知能が人類の知能を遥かに超える時代、人間の再定義を可能にした新しい教育と持続可能な経済循環を実現する完全組織システムを提案し、国際社会をリードする次世代リーダーを育成している。現在は、日本国内の活動からさらに韓国、米国へと事業を展開中。

著書:『認識革命』『感動革命(上・下)』

『コミュニケーション革命』『学校革命』『国家革命』『観術で聖徳太子「十七条憲法」を生かす』『観術で生かす日本の和心』『宇宙一美しい奇跡の数式』

オフィシャルサイト:

www.noh-jesu.com

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

主催:NPO法人Peace Business Life School

www.pbls.or.jp 

お問い合わせ先:info@pbls.or.jp

 

TPP特設サイト

pbls.or.jp

 

【令和哲学⑨】最先端の安らかな盾のリーダーシップを発揮する日本になろう!

 

新緑が目にしみる心地よい日々が続いています。

2019年5月1日、今までの生き方と今からの生き方が大きく変わる分岐点になる、分岐点にさせるべきの一番深い概念として「令和」という二文字がこの世に登場したことは私には嬉しくてたまらないことです。

 

令和は今「1」(=今ここひとつの心)の世界。今「1」で美しい調和(ハーモニー)がとれるこの世界は、聖人たちの誰もが発信したメッセージの源です。

 

今回の令和シリーズ⑨では、令和のメッセージを、最先端の安らかな盾のリーダーシップの心(死の心)、数字で表現すれば「虚数の世界」で語ってみたいと思います。

 

みなさんは第1回本屋大賞を受賞し、2006年に映画化された「博士の愛した数式」をご存じでしょうか?

私はこの美しく素晴らしい内容に心打たれ、令和時代に誰もが観るべき映画だと思うほど感動しました。映画は、日常と日常の中に潜む数学の世界を一切矛盾せず、美しく調和した世界を描いており、令和とぴったりつながる世界観でした。

 

ピタゴラスは『万物は数である』と表現し、映画では『人間は、数から与えられた一部を言葉によって表現できるに過ぎない』と言っています。

 

AI時代は、すべての存在は「情報処理システムのアルゴリズム」で表せるとみています。人体もバイオケミカル・アルゴリズムそのものです。電子アルゴリズムと比べるとバイオケミカル・アルゴリズムである人体は、情報処理システムが非効率だと判断されます。ですから、例えば脳にプラグをつけたり、体内にチップやナノロボットを入れて筋肉機能や臓器機能を増幅させるなど、体の構造の変異が日常的(女性がピアスを抵抗なくあけているように)になるだろうとみています。

 

また、人間の感情も投薬で統制(コントロール)できてしまうので、「人間らしさ」でDefine(規定)できた人間の自由選択意思も電子アルゴリズムに代替されます。

 

ですから「分離不可能な単一体の人間」というこれまでの概念が崩壊します。つまり人間は、「複数のアルゴリズムの集まりとして認識される分離可能な存在」になってしまうのです。

 

そうなったとき、「人間」の範囲をどう定義づけることができるでしょう。「どこからどこまでが人間」なのかの定義がかなり不明瞭になり、人間の存在意義はもちろん、人間の用途・機能・目的・価値もわけがわからなくなるのではないでしょうか。

 

それだけではなく、生命工学やロボット技術、事物インターネット(IoT)、ブロックチェーン技術等の発展によって、AIが生み出す無用者階級層の大量生産も予測され、人類は歴史上未曾有の酷い格差社会と醜い共同体破壊社会の到来を目前にしているのです。

 

技術者たちが無責任に技術の暴走を加速させる中で、さらに深刻な問題があります。

それは、このような未来の到来に対応する代案を誰も出せないことです。つまり、今を生きる人たちにどんな教育をするべきか、どんな技術を訓練するべきか、どんな組織システムや働き方を研究するべきか、皆目見当もつかないということなのです。

 

日本の令和リーダーシップが、この時代的危機を救済する大活躍をすると、23年前からずっと訴え続けてきた私ですが、危機をチャンスに大反転する美しくて偉大な日本のストーリー、歴史が始まっていくことを薄々感じています。

 

4月1日の令和元号発表から、令和哲学者として令和感覚を身につける令和教育、令和技術の普及を通して、AIが真似できない経済大陸を開発開拓する日本の働きに貢献できることにワクワクしています。そして、この令和のコーリングに反応する侍魂(サムライのこころ)と出会えることを楽しみにしています。

 

今までの人間の文明歴史は、アウトプット世界(現実世界)の開発開拓の歴史だと言えます。では、アウトプット世界(現実)は何なのかというと、人間の情報処理システムとしてのバイオケミカル・アルゴリズムのアウトプット、すなわち、「体感覚の観察の結果が現実だ」ということができます。

 

しかし令和時代は、インプット世界(真実世界)を開発開拓する歴史が展開されます。アウトプットされた現実世界が基準ではなく、アルゴリズムを存在させるインプット、すなわち真実からアルゴリズムが生まれる仕組みと、そのアルゴリズムの情報処理システムの結果物である現実までを統察することが当たり前になります。

 

すなわち原因・過程・結果を一つの動きで一貫して観察ができる『統察』(トータルビュー)のインプット側、原因側を明白にディファイン(規定)できる認識を開発開拓することです。その統察からくるデータ・情報・論理・知識・技術・商品・文化・文明・歴史の展開が起きるのです。

よって、体感覚からオールゼロ化感覚、世界の根源である源泉的動きによる感覚、令和感覚の時代が到来するのです。

 

映画『博士の愛した数式』の中でも、『虚数は、目に見えるところには表れないけれど、ちゃんと我々の心の中にある』と表現していますが、令和の時代は有の価値より無の価値が、生きる価値、中途半端な生死、輪廻転生する生死ではなく、生きることより死ぬこと(永遠不滅、永生=生きたまま死ぬ世界)の価値が、実数(実在するすべての数、有理数無理数の総称)より虚数の価値が、存在より認識の価値が大事な時代になるのです。

 

愚かな人は相対比較による違い、相違点に集中、フォーカスし、賢い人は絶対比較を可能にさせる時空間と存在の根源である共通点、同一点に集中、フォーカスします。

 

終わりなき違う存在を創造し続ける素材は、どんな条件にも変わらない永遠不変の源泉的な動き、つまり共通点、同一点であります。これは超柔らかい無境界線の世界であり、ウルトラ柔らかく動く世界なので、イメージ不可能であり、規定不可能な心であり、数字では虚数でi(愛)で表現できるのが、今回の令和の「1」です。

 

f:id:nohjesu:20190523190344j:plain

 

ここで、心の時代の最先端の安らかな盾のリーダーシップ(死の心)に対して、少し語ってみましょう

リーダーシップの本質は、生きたままで死んでいる状態の盾の心をもって、多様な攻撃パターンを自由自在に展開できることです。

そして、リーダーシップの本質は、すべてを手放すことができるこころの状態であり、一番大きい心になって物事を洞察できることです。

 

f:id:nohjesu:20190530221748j:plain

 

すなわち実数と虚数の関係性を明確に悟り知ることでゲームチェンジをすることです。それは、これまですべて実数で認識した世界を、虚数に変えて認識するといった認識の大転換のワクワクゲームに変えることです。実数の世界が虚構になり、虚数の世界が真実になる大反転が起きる、神秘神聖でスッキリワクワクのゲームです。これは誰も歩んだことがない道を案内する冒険精神であり、その冒険には必ず、合理的理由、計画、公式を必要とします。

 

この誰も歩んだことがない道を案内する令和のリーダーシップは、宇宙のロゴスを活用し、どのように(By・価値観)、なぜ(For・Vision、Dream)、なにを(Of・どんなポジション、必ず獲得すべき短期目標、使命)を全うし、失敗を恐れない異端児であることです。

 

実数による事物の構造を研究した技術商品サービスではなく、虚数による事件の構造を開発した技術商品サービスであることです。

 

実数による事物の構造の開発開拓に使う今までの知識技術生産方式は、虚構であり複雑で錯覚の世界です。ですから、令和リーダーシップは、これらを変えなければならないのです。

 

令和リーダーシップは、この虚構の世界(実数・現実世界)を、虚数による事件の構造の開発開拓世界、即ち真実のシンプルな美学の世界に変える、新しい知識技術生産方式を案内するものです。

 

今ここ一番遠いところから物事を観る完全観察システムであるnTechが、最先端の安らかな盾のリーダーシップ、令和リーダーシップの教育革命の具現化に貢献できたら幸いです。

 

 

<関連URL>

令和という新元号に寄せて シリーズ① 愛のゲームに反転させる!日本、あけましておめでとうございます
令和という新元号に寄せて シリーズ② 日本のリーダーシップ宣言!和心の幟(のぼり)
令和という新元号に寄せて シリーズ③ 明治維新を完成させる令和精神 ~曖昧の心、間心、和心~
令和という新元号に寄せて シリーズ④ 生きて死ぬ知恵で令和時代を生きる
令和という新元号に寄せて シリーズ⑤ 人類を大統合させていく令和感覚
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑥エントロピー・ゼロのCOOL JAPANの魅力を発信し新時代を拓こう!
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑦ すべての感覚を生み出すしなやかで折れない不動心で心の時代をリードする令和ジャパンになろう
令和という新元号に寄せて シリーズ ⑧すべての夢をBeautiful Harmony化させる一番大きい夢を持って、ワクワク未来文明をつくろう!